元々分譲されたマンションが賃貸物件として貸し出しされている物件は設備やセキュリティが充実しているのが特徴です。

賃貸物件の構造区分をチェックする
賃貸物件の構造区分をチェックする

賃貸分譲マンションについて調べる

このエントリーをはてなブックマークに追加

本来分譲マンションだったものが貸し出されている、賃貸分譲マンションいう種類の物件があります。分譲マンションが貸し出されている理由は大きくわけてふたつあります。まずひとつめが、そのマンションを購入して住んでいた人が転勤などの諸事情によって住めなくなったケースです。そしてもうひとつが、投資用の物件として分譲マンションを購入して他人に貸しているというケースです。

賃貸分譲マンションには、一般の物件にはない特徴がいくつかあります。まず設備です。分譲用として設計されているので、防音対策やセキュリティ設備が充実しています。また、管理組合や自治組合といった組織が機能しているので、借りて住む人は修繕の心配などをしなくて済みます。さらに、分譲マンションは利便性も追求するので駅に近い・生活に必要な施設が近くにそろっているのもメリットです。

一方、特にオーナーさんが転勤などの事情で他人に貸している賃貸分譲マンションは、定期借家契約になっていることがあります。定期借家契約というのは、普通借家契約とは異なり決まった期間だけ居住したら更新して住み続けることはできないという契約です。定期借家契約になっていると、契約の時に決めた期間が満了したら退去しなくてはなりません。
Copyright (C)2017賃貸物件の構造区分をチェックする.All rights reserved.