高齢者や障害者の方などを対象に、賃貸住宅の連帯保証人の役割を担う制度として、家賃債務保証制度というものがある。

賃貸物件の構造区分をチェックする
賃貸物件の構造区分をチェックする

賃貸住宅における家賃債務保証制度

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅を借りるときには連帯保証人が必要になりますが、いわゆる身寄りのない方もいますし、他に頼りたくないという人も、最近増えてきています。こんな場合は、連帯保証人の代行を賃貸保証会社に委託する方法がありますが、そんな中でも特に高齢者や障害者、子育て中の人、外国人、解雇等による住居退去者を対象に、家賃債務を保証して連帯保証人の役割を担う、家賃債務保証制度というものがあります。これは実施保証会社と基本約定を締結した賃貸住宅だけが対象になり、更に一定の条件に当てはまる人が入居する時に保証するというもので、2年間の保証の場合で月額家賃の35%の入居者負担となっています。

手順としては、対象住宅の家主・管理者が保証会社に申請書を送ることで、約定書や申込書が返され、それに対象入居者が記入して申し込むことで、保証が開始されます。入居対象者の条件としては、高齢者なら60歳以上の方、障害者なら身体障害1〜6級などの方、子育て中の人なら扶養義務のある子が同居する収入が少ない方、外国人なら在留カードの交付を受けた方、解雇による住居退去者なら平成20年4月1日以降に解雇によって住居から退去を余儀なくされた方、というような条件になりますが、さらに細かい付帯条件もありますので、実際に利用する時は実施保証会社に確認していただきたいと思います。このような、人に温かい制度があることを多くの方に知っていただいて、一人でも恩恵に浴する方が増えることで、日本全体の活力が高まるとすれば、こんなに良いことはありません。
Copyright (C)2017賃貸物件の構造区分をチェックする.All rights reserved.