賃貸契約の更新手続きをしないとどうなるのでしょうか。自動的に更新されていくので問題ありません。

賃貸物件の構造区分をチェックする
賃貸物件の構造区分をチェックする

賃貸契約の更新手続きは自動でされる

このエントリーをはてなブックマークに追加

だいたい2年ごとに更新料を支払っていかなければならないところが、賃貸住宅の厄介なところです。賃貸契約の契約期間というのは2年が相場であり、2年が経つごとに更新料を支払って、契約を継続させなければならないのです。かつてこの更新料というのは関東や一部の地域だけで執り行われてきた風習に過ぎなかったのですが、今となっては、全国にその習慣が広まってきているのです。

ところで、更新料というのは絶対に支払わなければならないものなのでしょうか。前述のとおり、更新料というのは一部の地域で行われていた慣習に過ぎません。つまり法律や条文で定められたものではないのです。ですから、賃貸人は必ずしも更新料を支払わなければならないというわけではないのです。しかし更新料の支払いをもしも拒否したら、それが立ち退き自由となって退去を申付けられるかもしれないと不安に思うこともあるかもしれません。しかし賃貸契約の更新というのは、たとえ更新の手続きをしなかったとしても、その瞬間に契約が切れるというのではなく、自動的に更新されていくのです。これはしっかりと法律に記載されていることであり、したがって、たとえ更新料を支払わなかったとしても、その瞬間に立ち退きを請求できるものではないのです。
Copyright (C)2017賃貸物件の構造区分をチェックする.All rights reserved.