賃貸契約はだいたい2年ごとに更新をしなければなりません。その時こそ家賃交渉のいいタイミングなのです。

賃貸物件の構造区分をチェックする
賃貸物件の構造区分をチェックする

賃貸契約の更新時は家賃交渉の絶好の機会

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅というのは、一般的に2年契約が相場です。つまり2年ごとに契約の更新をしていかなければならないのですが、入居者にとってはこの更新がちょっと厄介なのです。というのも、賃貸契約を更新するためには、たいてい更新料を支払わなければならないからです。この更新料というのは少し前までは関東ローカルの風習に過ぎなかったのですが、今では全国に広まりつつあるのです。

更新の時期が近づくと、物件のオーナーから更新手続きの督促状が届きます。この書類に必要事項を記載し、その時に家賃一か月分の更新料を支払うというのが通常です。しかしこの更新料の手続きをする際に、いろいろな交渉をすることが可能なのです。どういうことかというと、更新の手続きは家賃の値引き交渉の絶好の機会なのです。

建物のオーナーからすると、貸している部屋が空室になることをいちばん恐れます。そうなると賃料収入を得られなくなってしまうからです。ですから、更新料の請求はしてくるのですが、それよりも契約を継続することが第一なのです。つまりこれは借主の側に家賃交渉のためのアイテムが手に入ったようなもので、退去をちらつかせながら効率よく家賃交渉ができる機会が、この更新手続きの時期なのです。
Copyright (C)2017賃貸物件の構造区分をチェックする.All rights reserved.