賃貸物件を探すとき、耳慣れない言葉がたくさん出てきます。分譲とリロケーション物件についてです。

賃貸物件の構造区分をチェックする
賃貸物件の構造区分をチェックする

賃貸物件で出てくる言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋探しをしていると普段耳慣れない言葉がたくさん出てきます。例えば分譲。もともと販売用に造られた物件のことで、壁や床が厚くしっかりした造りにっていて防音性、断熱性、耐震性優れているのが特徴です。さらにキッチンやエアコンなどの設備が充実している物件、収納力が高い物件、天井が高く広々とした印象を受ける物件も多いようです。にタイプと書かれた部屋には3つのタイプが代表的です。一つ目は賃貸用に建設されたもので仕様、グレードが分譲に近い分譲仕様の物件。二つ目は、分譲マンションとして売り出され売れ残ったものが賃貸用になった物件。三つ目は、分譲マンションを購入した方が大家さんとなり、賃貸物件として貸し出すものです。

一般の物件より賃料は高くなっていることが多いようです。次は、リロケーション物件です。海外赴任や地方への転勤などの理由によって一時的に部屋を出た方から借りる物件のことで、ファミリータイプの物件が多いのが特徴です。普通賃貸契約では借り手の都合を優先して入居や退室を決めますが、この物件は大家さんの都合により、帰ってくるまで貸し出しや2年間だけ貸し出しなど決められています。退室を御願いする文書が前もって届く流れになっています。
Copyright (C)2017賃貸物件の構造区分をチェックする.All rights reserved.