賃貸契約というのは、たとえば結婚制度と違って、賃借人の一方的な意思によって解約をすることができます。

賃貸物件の構造区分をチェックする
賃貸物件の構造区分をチェックする

賃貸契約の性質について

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅には、契約期間というものがあります。契約期間というのは、だいたい2年であることが相場です。賃貸住宅を引越ししようと考えている場合、この契約期間が満了を迎える2年という時期が、引越しの良い契機になったりします。契約を更新するかどうかは入居者の意思に任され、住宅のオーナーはその意思について基本的に口出しをすることができません。すなわち、オーナーがいかに退去してほしいと思っていても、独断の事情のない限りは、立ち退きなどは要求できないようになっているのです。

契約満了時に引越しをする入居者が多い、これは事実ですが、それでは満了時以外で引越しをするというときには、何か特別な手続きが必要なのでしょうか。契約というのは、双方の意思の合意によって成り立っています。たとえば結婚というのは、いわば男女が社会的な契約関係を結んだということになるのですが、したがってどちらかが分かれたいと思っても、もう一方がそれを拒絶すれば別れることはできません。それは契約の性質が双方の合意に基づくものであるからであり、一方的な意思の表明で破棄が可能なのであれば、契約の信頼性が揺らいでしまうからです。しかし、賃貸契約というのは、賃借人の側にいわば大きな権利が許されており、契約の途中で引越しをしたい、つまり契約を解約したいと一方的な意思の表明をすれば、基本的には解約をすることができるのです。
Copyright (C)2017賃貸物件の構造区分をチェックする.All rights reserved.