賃貸住宅には三つの種類があります。また、建物の所有者にも民間と公的組織の二種類があります。

賃貸物件の構造区分をチェックする
賃貸物件の構造区分をチェックする

賃貸住宅の概要の説明

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅とは賃貸借契約に基づき、人に貸し出す事を目的としている住居用建物の事です。これには大きく分けて三つの種類があります。一つ目は建てる時から貸し出す目的で建設されたものです。二つ目は住宅購入者が経済的理由から手放した物件を、新たな購入者が住む事無く家賃収入の取得を目的として貸し出す建物です。三つ目は購入後転勤等の理由から直接住む事無く、期間限定で業者を仲介して貸し出す建物です。

賃貸住宅は、所有者に対して居住者が毎月家賃を払う形で成り立っています。一般的に契約時には所有者に対して敷金と保証金、礼金等を支払いますが、地域によっては必要としない場合があります。また保証人もこれと同じと言えます。また入居率を上げるために家賃に敷金や礼金を計上し相殺する場合もあります。これは入居時に必要な金額が高くなるため、名目上敷金と礼金をゼロとする手法です。建物の所有者は個人や企業等の民間所有のものと、地方自治体や都市再生機構等の公的組織所有の二つに分けられます。所有者が民間の場合は不動産会社等を通して大家との契約を結ぶケースが多いです。それとは反対に、所有者が公的組織の場合は該当組織と直接契約を交わすケースが多いです。
Copyright (C)2017賃貸物件の構造区分をチェックする.All rights reserved.